街金で即日融資を利用するときの注意点

ほぼ同意語として使われることが多いのが消費者金融と街金です。ほとんど同じになりますが、厳密にいえば地域に密着した消費者金融として扱われることが多いです。しかし闇金と同意語ではありませんので注意しておきましょう。街金と聞くと闇金を想像する人が多く、それとは異なります。正規の貸金業者になることから、困っているのであれば頼ることができる存在です。今は即日融資ができない貸金業者を探す方が難しいほど、利用者側が求めるサービスとなっています。即日融資といってもいろんな種類があり、そのなかでも銀行振込は多くの利用者が希望している融資方法です。その理由はわざわざ貸金業者の店舗に出向く必要がなく、振込で融資を受けることができる点にあります。もちろん街金もそのようなシステムを持っていることが多いですが、少し注意しなければいけないことも多いです。これは街金に限ったことではありませんが、銀行振込に対応している時間帯があり、それを守る必要があります。

平日の15時まで、そして土日祝日を避ける必要があります。これを厳密に守らなければ即日融資を実行させることができません。また街金には無人契約機がないことが多いです。大手の消費者金融であれば当然と言っていいほど、設置されている無人契約機ですが、地域に密着している街金にはこれがないことから不都合なことが起きることもあります。そのひとつが利用者の多くが嫌う店舗に出向かなければならないことです。無人契約機があることで、平日の15時を過ぎても、土日祝日であっても利用することができますが、これがないと店舗に出向かなければ即日融資を実行することができません。しかも対面で融資の相談をすることになり、それを恐れている人の方が多いことから、人によってはストレスを感じる即日融資方法になるでしょう。身近な貸金業者となりますが、街金を利用する場合はこのような点に注意をすることが必要です。